求人

保育補助の求人情報を探す|未経験者でも就職できる

児童

求められるスキル

保育士の転職で求められるスキルは、学歴ではなく、人柄や実務経験となっているようです。転職を考える時には、前の保育園に迷惑をかけないようなタイミングで辞めることも重要です。転職エージェントを利用してサポートを受けることもおすすめです。

メンズと児童

短時間で高時給の仕事

家庭教師のバイト求人は高時給である事が多く、一つの科目から教える事が可能な仕事でもあります。得意な科目のみ希望する生徒を業者を通して探し、希望の曜日や時間で対応可能な生徒を見つけてもらう事が出来るでしょう。

資格ナシでも働ける

男性と子供

働き先の探し方

保育士業界は非常に人手不足であり、常に求人募集がある状況です。保育園や幼稚園、近年創設されたこども園などで働くには、必ずしも保育士資格が必要なわけではありません。保育補助という形態ならば、保育士資格なしで働くこともできます。保育補助の仕事は保育士とほとんど変わりませんが、書類作成などの仕事が少ないのが特徴です。そのかわりに子どもたちとふれあう時間が長いので、子どもと関わって仕事をしたい人にはぴったりといえます。そのかわり、バイトのような形態になるため、時間給による収入となります。一般的には時給800〜1000円程度と安いことが多いのですが、中には1200円以上の高い時給のところもあります。保育補助の仕事を二年以上続けると保育士資格をとることもできます。保育補助の求人はあまり数が多くなく、すべての園で募集しているわけではありません。しかも競争率が高いので比較的すぐに求人が埋まってしまいます。探すときは、保育士専門の求人サイトで「保育補助」という条件を入れて探したり、各種求人サイトで検索するとよいでしょう。効率がよいのは専門の求人サイトを使うことです。専門の求人サイトはやはり多くの情報がのっているため比較検討もしやすく効率よく探せます。探すときは一つの園や一つのサイトのみをチェックするのではなく、複数の園やサイトをチェックして探すのがおすすめです。複数のサイトを見比べることで総合的に情報がチェックでき、複数の園を見比べることで比較検討しやすくなるためです。

保育園

専門職は専門サイトを活用

保育士は資格が必要な職種のため、専門性が高い仕事の一つとも言えます。そのため、保育士を専門に扱う転職サイトを活用して、サイトから簡単に応募をしてみましょう。転職サイトには非常に多くの情報も掲載されていますので、情報を得るだけでも活用する価値があるでしょう。